審美歯科セラミック症例 31 【60代女性】

審美歯科セラミック症例  31  【60代女性】

長崎県諫早市多良見町ふじた歯科で行ったセラミック治療による症例、感想です。

 

左が上下しみるとのことで来院。

全体的に歯周病の進行で歯茎が下がり、しみが起きていました。

外科的な歯周病の治療を行い、歯周ポケット内を綺麗にし、歯茎の下がっている箇所、揺れがある奥歯はセラミックの被せものを入れています。

見た目もとても綺麗になりました。

 長崎県諌早市多良見町ふじた歯科で行なったセラミック治療による症例

 長崎県諫早市多良見町ふじた歯科で行ったセラミック治療による感想文

 

【感想】

何年も前から歯がしみる状態が続き、月に1回、別の歯医者に通院していましたが、神経を取っているので痛くなるはずがないとの返事で自分自身が納得できず、ふじた歯科にお世話になることにしました。治療法も初めて聞いたことばかりで、なかなか決心がつかないこともありましたが、治療中痛い時も先生や歯科衛生士さんが励まして下さり頑張れました。

治療が終わって自分の口の中を見るのが楽しくなりました。

金額が高額になりましたので、すぐは無理ですが、銀の詰め物を全部入れ替えたいなと思っております。あとはホワイトニングもしたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。