審美歯科セラミック症例 33 【30代男性】

審美歯科セラミック症例 33 【30代男性】

長崎県諫早市多良見町ふじた歯科で行ったセラミック治療による症例です。

 

こちらの患者様は、全体的に治療してほしいとのことでと来院されました。

 

お口の中を診察しますと傾いて噛み合わせの悪い歯や根っこだけになってしまった歯、虫歯のある歯、神経が死んでしまって変色している歯、金属の詰め物被せ物がある状態でした。

歯茎を引き締めるために歯周病の治療を行いました。その後虫歯の治療、神経の治療を行い被せ物や詰め物にはハイブリットセラミックを用いました。噛み合わせがもともと安定していなかったので被せ物で噛み合わせも安定しました。

 

治療本数:22本 治療回数:32回 治療費用:約96万円

 

長崎県諫早市多良見町ふじた歯科で行ったセラミック治療による症例