セラミック治療

美しい歯を手に入れたいなら、まず第一選択としてセラミック治療が挙げられます。

セラミックは、歯科の材料の中で最も生体親和性が高く(体に害の極めて低い)、歯に色調が近く最も自然観のある材料とされています。患者様が最も気になる色は変わることがありません。その上、近年セラミックそのものの強度や色調の再現性がより向上し、また接着剤の性状も向上してきたので適応範囲がかなり広がりました。

歯科におけるセラミックを用いた修復には、主に以下のようなものがあります。

1)メタルボンド
2)オールセラミッククラウン(オールセラミック冠)
3)ラミネート

 

1)メタルボンド

これまでもっとも多く歯科治療で審美修復に用いられたセラミック治療です。金属にセラミックスを焼き付けたかぶせ物です。外から見える部分は、ほぼセラミックで覆われるため、見た目が良く変色もせず強度も強という特徴を持っています。現在でも、多数歯を連結する場合や奥歯の強度を必要とする場合あるいはブリッジを掛ける場合など幅広く使用されます。
 欠点として、内面に金属を用いるために歯茎のいろが後々黒く変色を起こす可能性があることと、裏側の一部に金属が見えること、金属アレルギーをお持ちの患者様に使用できないことなどが挙げられます。

 

2)オールセラミッククラウン(オールセラミック冠)

オールセラミック冠は、全く金属を使用せず、全体がセラミックで出来ているかぶせ物です。非常に微妙な色調も再現でき、光を透過させるため天然の歯と変わらぬ審美性を持ちます。歯科の審美修復において、最も見た目が良く、もちろん変色しません。以前は、強度的に弱いという評価でしたが、近年は材料や器機の進化により強度も飛躍的に上がり適応範囲もかなり広がってきました。
土台の歯やかぶせ物の内面にも金属を使用しないため、金属アレルギーを引き起こすことがなく、歯茎が黒変することもありませんし、表面もつるつるで歯垢がつきにくいという特徴をもっています。

 但し、欠点として多数歯の連結や多数歯のブリッジには不向きであること、歯を削る量が比較的多いこと、高価であることがあげられます。

 

3)ラミネート

歯の表面を少しだけ削りその上にシェル状のセラミックを接着させる方法です。つけ爪のようなものといったほうが解りやすいかもしれません。変色している歯の色あいの改善や、隙間の開いた歯の治療、歯の形態の改善、歯並びの改善、に用いられます。

 オールセラミックと同様にセラミックのみを用いる方法であるため、非常に見た目が良く、歯垢がつきにくいのが特徴です。また、約0.5mm程度の歯の表面を薄く削るだけなので、歯にかける負担が少なく簡単な治療で済むことが多い方法です。

 欠点としましては、削る量が少ないため自分の歯の色調が浮き出てしまい、色調の改善に限界があること、虫歯などによりご自分本来の歯の量が少ない場合は適用できないなどがあります。

 

 

 

歯科:諌早市でホワイトニング・審美歯科に取り組むふじた歯科

 

ふじた歯科へのメール相談はこちら